あなたは議員に代表されているか 朝日新聞デジタル の記事(日曜に想う)

2017.01.09 Monday 21:56
0

    朝日新聞2017年1月8日の記事に気になったものがあったのでクリップしておこう。

    国政ばかりでなく、地方である横須賀市の行政、議会にも当てはまると強く感じる。

     

    ”(日曜に想う)あなたは議員に代表されているか 編集委員・大野博人:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/DA3S12737526.html ”

     

     アイルランドの首都ダブリンで2002年に会った中年男性の憮然(ぶぜん)とした表情を思い出す。

     「われわれ国民は、赤点をとった学生なのか」

     その年にあった国民投票の取材でのことだ。欧州連合(EU)の新しい取り決め、ニース条約の批准を問う投票だった。実はその前の年にも、ほぼ同じ内容の国民投票があっログイン前の続きた。ところが、最初のときの答えは「否」だった。

     条約の発効には全加盟国が批准しなければならない。議会で決めればよいほかの国と違って、アイルランド国民投票が必要。議会なら162対4で可決できたはずが、国民は逆の答えを出した。EUの動きに急ブレーキがかかった。

     アイルランド政府は、条約の重要性を訴えるキャンペーンを繰り広げ、1年後に再投票にかけた。今度はゴーサインが出た。中年男性は批准に反対する市民団体のメンバーだった。

     「国民は(政府と同じ)答えを出すまで追試を受けさせられるみたいだ」

     自分たちが議会に送り込み代表を委ねた政治家たちは、民意を尊重しないどころか、EUや政権と一緒になって民意はまちがっているといわんばかりだ……。

         *

     自分たちは代表されていない。

     同じような気分を長年強いられて、うんざりした人たちの反乱が、昨年の政治的「事件」の頻発となったのではないか。代表制、議会制のはずなのに、自分たちが選んだ政治家や議会は自分たちを見ていない、自分たちの声に耳を傾けていない――。

     英国のEU離脱を決めた国民投票は、議会の大勢とは逆の結論だった。米国大統領選挙でのトランプ氏の勝利とサンダース氏の健闘は、2大政党の思惑をなぎ倒す出来事だった。

     イタリアでも国民投票で政府の憲法改正案が否決され、首相が辞任を余儀なくされた。オーストリアの大統領選挙でも、右翼候補こそ落選したものの、当選したのは2大政党の候補ではなかった。

     「事件」は、議会やそれを支える政党という従来の代表制民主主義の枠組みを踏み出して起きた。人々は議会選挙よりもっと直接的な政治へのチャンネル、国民投票や大統領選に殺到して思いのたけをぶつける。それが、爆発的な「事件」となる。

     浮き彫りになっているのは、「代表制」の危機にほかならない。

         *

     流れはとうぶん続くと見るのは、政治理論が専門の山崎望・駒沢大学准教授(42)。新年にはオランダ総選挙やフランス大統領選挙、ドイツ連邦議会選挙などが予定されているが「ポピュリスト政党が大惨敗を喫するとは思えない」。

     「代表制の危機」が根にあるという点で、11年のニューヨーク・ウォール街でのオキュパイ運動や日本の脱原発デモ、あるいは韓国で昨年、大統領を追い詰めた大規模デモなど、各地の異議申し立て運動につながる現象だという。

     さらに「代表」の集まりとしての立法府が権威と影響力を失っていく一方、権力を強化しているのが首相や大統領など行政府側だとも山崎准教授は指摘する。「ロシアや中国みたいに」

     けれども、相次ぐ「事件」を目の当たりにして、肝心の議員たちに、問われているのは自分たちで、代表制の立て直しが急務だという意識や動きはあるか。

     少なくとも日本ではそうは見えない。一票の不平等を根本的に解消しようとしない、何を問うのかさえ不明のまま、解散総選挙の時期を探り合う、議員自身が国会の論戦を「田舎のプロレス」と形容する……。行政府の権力強化の動きに追随する退廃した立法府の姿。

     議員たちが代表しているのは、もはや人々ではなく行政府の方だ、というフランスの歴史家、ロザンヴァロン氏が指摘するとおりの事態が進行し続けている。

     立法府を従えて権力を強める行政府と、それに対しポピュリスト政治家への傾斜や街頭デモで不満や異議を表す人々。このままでは代表制はその政治的緊張のはざまで置き去りになるしかない。

    さる議員のブログで思い出したことー

    2015.12.26 Saturday 22:48
    0

      この議員、横須賀市民をして自分の気に入らない意見を言うと、二言目には「議員を最初から敵扱いしてると本当に敵になっちゃうよ」と。
      しばらく忘れていたがまたやったらしい。当選したら市民より偉くなる典型的議員。
      彼のBlog へのコメントを紹介する。
       

      「衣笠駅前で声を荒げた中年女性です
      あの時は変質者に毎日暴言を吐かれた
      直後だったので議員さんに
      衣笠の治安の悪さを訴えたかっただけ
      ですがあなた様の《先に敵に回したら終わりですよ》の返答で我に帰りました。
      政治家さんに興味の無い事を訴えると敵に
      なるんですね。良く分かりました。勉強になりました。

      Posted by 衣笠住民 at 2015年08月31日 07:29」
      なんと市民に面と向かって、「そんなこと言うと議員は敵になるよ」と言ったらしい。

      彼の議員のTweetから、
      「こいつ」呼ばわりさせるほどの事を市民にしているのです。巨額の税金をばらまく市の事業に議員の逃げなど通用しませんよ。”に対し、
      「だいたい人のこと「お前」「こいつ」「奴は」「あんた」って会ったこともないのに失礼ですよ。議員を最初から敵扱いしてると本当に敵になっちゃうよ」

      「誰に言ってるか、わかってます? 今議会の採決結果が明日以降公表ですが、新たに巨額の税金を投入するハコモノ建設に反対したの私一人ですよ!」
      当Blogの記事へのコメントにこんなのもあった。
      横須賀新ごみ処理施設を考える会 ご担当者様
      議員の小林です。
      なんか、人に教えてもらってブログ見たら、
      色々取り上げて頂いているようで、有名になった気分です。
      さて、この記事ですが、
      http://yokosuka53.jugem.jp/?eid=66
      その日のイベントはテーマは決めて臨みます。
      4議員の誰かが、ゴミ焼却所がらみの予算を取り上げるなら
      その話題で話せますが、そうじゃなきゃ無理です。
      当日になってモメるの嫌なんで、予め伝えておきます。
      まあ、何かあったらいつでも会って話しますよ。
      敵に回すより、有益だと思いますよ(笑)

      また彼のBlogで、
      議会と市長・行政の関係を民間企業の組織・運営形態になぞらえているが、
      たとえば、ここでは市長より議会が偉いようなことを言っている。二元代表制を知らないような無視する発言。

      最近の彼のBlogやチラシを見ると「市民から選ばれた俺は偉いんだ」とばかり市民からの議論を「議員を敵にまわすよ」と封殺にかかる。
      この議員は過去に懲罰委員会に懸けられていて、それを良しとしないシンパがいるが、議会でもこのような態度がでるんだろうと思う。あらたに倫理委員会に諮るべき行為だろう。
       

      本議会一般質問が始まった!

      2015.06.14 Sunday 22:34
      0
        先の選挙を受け平成27年度議会の本番が始まった。
        一般質問の録画から市長、行政がいかに住民をだます答弁をしているかを見ることができる。
        6月9日小室議員(前半1:50前後 http://www.gikaitv.net/dvl-yokosuka/2.html  
        6月11日大村議員(後半2:03前後 http://www.gikaitv.net/dvl-yokosuka/2.html 
        市長はほとんど答弁せず、資源循環部長と都市部長が答弁しているが、調停チームが文書公開で入手した建設地選定と煙突高の決定に関し、行政と西武鉄道との交渉で明らかになったこととまったく違う答弁になっていることがわかる。この答弁で議員がだまされないことを祈る。

        最悪の委員会メンバー

        2015.05.19 Tuesday 01:03
        0

          痴呆選が終わり議会内の委員会が発表されています。(まさに痴呆選 市長シンパの新人が上位当選 議会での発言が一度もなくても中位当選など、横須賀市のB層がいかに多いか、相変わらず行政改革は期待できず。行政にナメられている各議員の政策は実現するわけがない。)
          http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/7860/council/roster/giin_iinkai.html
          わが闘争相手の環境部は生活環境常任委員会の所管だが、そこの副委員長 伊関功滋 は昨年の請願の審議でこう言っています。

          「やり方としては少しずるいやり方をしているような気もする」
          ◆伊関功滋委員 
           簡単に何点か。
           まず、平成22年の3月26日に、議会として附帯決議を出させていただきまして、住民に対して真摯に当たっていってほしい。説明もきちんとやってほしいということで、この間その決議について、それに沿って政策を運営してきていただいているという認識を私などは持っていました。
           先ほどあった調停なども、もし出るのであればもっと早く出るのが普通ですし、この時期に出るのもよくわからないですし、説明会をやらないということも言っていましたが、先ほど室長のほうから全体不特定の方に来ていただくのはないですと言っていましたけれども、これを3万部配布して、この中で説明会を3回、葉山町、衣笠、西行政センターで、このときはどなたでも参加してくださいという内容だったと思いますので、これを見なかった。3万戸全戸に配布して、見てませんから、関係知りませんでしたということを言われてしまうと、本当にあと説明するやり方というのがやりようがない。
           ホームページに載せましたと、ホームページのほうがよっぽど見ないと思いますので、全戸配布で自由に来てくださいという会合を3回持っているにもかかわらず、その方たちも来ていなかったわけですね。
           その後に説明してくださいということで、部局としてはきちんと個別の対応という形で、いろいろ説明会、話し合いの場を持って、そういうことも真摯にやってきていますので、住民に対する説明がなかったという言い方は、少しおかしいのではないか。
           説明は受けたけれども、気に入らないから嫌だったというのだったらわかるのですけれども、そこら辺がこの請願の中身が一方的なものではないかなというふうに非常に感じています。
           なおかつ意見や質問に対して、真摯に答えてないという言い方も、いろいろこの間部局のほうの対応を見ている限り、当然反対です。建設をやめてくださいという意見に対しては、無理ですとしか言いようがないと思うので、そこが認められなかったら、私たちの意見は聞いてくれませんでしたという内容では、少し理解できないと思っていますので、そういう面ではきちんと市民に対する周知徹底、説明会はやってきましたということは、私も理解しておりますので、ぜひここについては、曲げることなく一生懸命やっていただきたいと思います。
           なおかつこの調停の方とこの請願者は同じ方ですから、裁判所にも訴えながら、議会にも言ってくるというのは、少しおかしいと思うので、普通だったら議会に言って聞いてもらえなかったから、訴えます。調停させてくださいというのは筋だと思いますから、その辺がどういう考え方、両方を一遍にばんと出してきたのかわからないですけれども、やり方としては少しずるいやり方をしているような気もするので、これについても、部局でも真摯にきちんと対応していただきたいと思いますが、部長の所見だけ聞いて終わりにしたいと思います。

          こんな奴がまた委員会にいるので「最悪の委員会メンバー」ということなのです。
           

          ごみ処理場問題をぶつけよう!新任議員と「ビッグ・マウス」議員

          2015.05.09 Saturday 18:16
          0
            市長派新任議員に、ごみ処理問題をぶつけよう。
            議員のブログ、Twitter、Facebook、メールなど手段は任せます。
            小幡 沙央里
            山本賢寿
            葉山なおし

            現職は小林伸行議員へ 「ごみ処理場問題」は議員になる前のことで1年生議員にいきなりぶつけても、と遠慮していたが得票を伸ばし二期目に入った今期は容赦しない。そもそも「ハコモノ、ハコモノ」と連呼する割には「ごみ焼却場」が入っていない。だからこいつは特別!「やったやった」と成果を強調しているが「やってあたりまえ」ほかの議員がやらなすぎるから目立つだけ。
            Twitterでは、「誰に言ってるか、わかってます? 今議会の採決結果が明日以降公表ですが、新たに巨額の税金を投入するハコモノ建設に反対したの私一人ですよ!」とか「だいたい人のこと「お前」「こいつ」「奴は」「あんた」って会ったこともないのに失礼ですよ。議員を最初から敵扱いしてると本当に敵になっちゃうよ“」とか「俺様トーク」全開。およそ「議員」が「市民」に言うときの「言葉遣い」では無い! ごみ処理場問題でも「ビッグ・マウス」ぶりを見せてもらおうか!!

            Calender
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << December 2019 >>
            横須賀新ごみ処理施設を考える会
            資源循環部 広域処理施設建設室
            RevolverMaps
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM