学習会 「ごみの焼却場で起こること」

2014.08.31 Sunday 23:00
0
    本日、大光寺にて行った学習会、70人以上の参加を見ました。
    遠くは藤沢から見えました。鎌倉の焼却場問題が藤沢に関係するプロジェクトとの話題になったからでしょうか?
    はじめに「横須賀ゴミ処理施設建設計画の流れ」の説明がありました。
    本題の「ごみの焼却場で起こること」は次のお二方から講演してもらいました。

    鷹取 敦氏 :(株)環境総合研究所 代表取締役 (http://eritokyo.jp/)
    「ごみ焼却と環境問題」:焼却場の立地、大気汚染の拡散、予測方法、廃プラスティックなど焼却物の問題、焼却炉の問題、ごみの減量からzero wasteへ、カナダ 東部 ノバスコシア州の事例   
    西岡 政子氏:栄工場のゴミを考える会 代表
    横浜市栄区では栄焼却場、港南焼却場、鎌倉市今泉クリーンセンターに囲まれてた当時から、喘息児童が最多の区として、焼却場の排出ガスと喘息の被間患率との関係を調査。排出ガス成分の継続調査と実績説明。ハンドアウトを載せるべくソフトコピーを用意しています。
    今後の活動その一:排出ガスの影響について、市の計画から阻害されている平作、池上、阿部倉、金谷方面を含む建設地中心に半径7.5Kmの3Dシミュレーションを依頼します。そのためのカンパもはじめました。
    みなさん、よろしくお願いいたします。

     
    Comment








       

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    横須賀新ごみ処理施設を考える会
    資源循環部 広域処理施設建設室
    RevolverMaps
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM